<< 先日の体験教室で人気だったパネル♪ | top | 【秋の材料 掘り出し市!!】 と お月さまのイヤリング♪ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

よく聞かれること【教室で使う材料費は高い?】

2016.6.一部追記、リンク先変更 あり
---------------------------


おばんです がらすやです。

さてさて、本日は
野外販売会に出店しててよく聞かれること
についてお話ししてみようと思います。

えっと、

この7月から
【お薬師さんの手づくり市】に出店
するようになってから
なんか、
『愉快なガラスたち』復活♪って感じで
ちょっとご機嫌な私♪♪♪

なんだか、今の私のペースに
ぴったんこ☆なペースで
至って快調♪


さて、

そんな野外販売に出店するようになってから
よく聞かれるようになったのは

「ステンドグラスの材料代ってお金かかるでしょ?」

って。

よくよくお話を聞かせてもらうと
興味があってお教室に通ってみたいけど

【材料のお値段が高い!!】

と言う印象があって
いまいち踏み切れない
といった感じなのでした。



これはいろんなところで
よく聞かれますが

確かに

ステンドの材料はお値段しますね〜(^^ゞ

ひとつの作品を作るのに
たくさんの材料をそろえなければならないので
結局、べらぼうな金額に…

ってなってしまうのも事実です。


私が思うに
掛け方次第だと思います。


30×45センチのガラスで
2,000円位のお値段の物から
20,000円位の物までありますので
ご予算に合わせて使えば大丈夫ですし、

うちの教室では
ミニガラス(小ささ様々)のガラスを
100g/200円で
量り売りしているガラスもございます。

こちらの量り売りガラスは
当教室の生徒さんではなくっても
10/24日(日)〜26日(火)に開催される
【秋の材料 掘り出し市!!】にて
お求めいただけます。
お気軽に遊びにいらして下さいね♪

どちらの種類の
ガラスをお求めいただいてもOKです。




ちなみに

入ったばっかりの時は
最初に基礎課題を3個作ります。


直線のサンキャッチャー。




落書きで
びっくりしました?

ごめんなさいね。
気にせず次♪



そして、曲線の練習で
ペンギンのサンキャッチャー。




ここまでは
材料は教室の方で準備しております。



直線の練習で
3時間の2回〜3回

曲線の練習で
3時間の3回〜4回

つまり2つの
この基礎課題を作るまでに
5〜7回、かかるのです。

うちの教室には
4回/月のクラスと
2回/月のクラスがございます。

4回/月のクラスの人は
約2か月。
2回/月のクラスの人は
約4か月。


つまり、この間
材料代はかかりません。

ちなみに

課題3のトレイはトレイであればOK♪
これは、立体の練習。



直線と曲線を勉強したので
お好きなデザインで作ってね♪

デザインにも挑戦♪

ちなみに私がステンドを始めたときに作ったトレイはこれです。



現在は工房で使っております。
かれこれ、四半世紀以上使っております。(2016年現在)



さて、

そんなトレイの制作にかかるのは
3時間の4回〜6回

4回/月のクラスの人は
約1か月〜1か月半

2回/月のクラスの人は
約2か月〜3か月

そして

この基礎課題3で、
初めて自分で好きなガラスを
選んで購入して制作になるのです♪

つまり、
先程の話

30×45センチのガラスで
2,000円位のお値段の物を
2色で作れば
ガラス代は4,000円だし

2,000円位のお値段の物を
5色で作れば
ガラス代は10,000円となり

ミニガラス(小ささ様々)のガラスを
100g/200円で
量り売りしているガラスで
1000gで作ったとすれば
5色選んでも1000円で済みます。


余談ですが20,000円位のガラス
3色で作れば
ガラス代は60,000円と言うことなのです(^^ゞ
まぁ、
初回からこの価格帯のガラスは
お勧めしておりませんのでご安心ください(笑)
参考まで。



これらは作る方に決めてもらってます。

ミニガラス(小ささ様々)の量り売りしているガラスは
廃番色、現在製造されてないガラスも含み
量り売りならではの希少ガラスに出会えたりしますので
量り売りガラスならではの楽しみがございます。



当工房では
みなさまにお好きなガラスを
お好きなように使っていただきます。

そして、それぞれの使える範囲で
ガラス代、材料代にしていただければと思ってます。

もちろん、いいガラスは素敵です。
結果、お値段も張ってきます。

でも、
自分の好きなガラスが
必ずしも高いガラスとは
限らないのです。


ちなみに同じサイズでも
赤と青では値段が変わります。

ピンクとが黄色とかは、更に変わります。

私は、習ってた時期を含めて
かれこれ20年間ステンドやってますが(2010年時点)
今でも、(2016年現在でも)
教室に通い始めた頃に使っていたブランドの
2000円台のガラスが
好きだったりしてます♪


あ…もちろん
20,000円のガラスの中にも
好きなガラスは在りますよ。

作る物と気分で
使い分けております。

お値段が高くても
好みじゃないものは、好みじゃないのです(笑)

それで、いいと思ってます。



ご予算に合わせて
材料を使えば大丈夫ですし
ステンドは
先程の基礎課題でもお話ししましたが
ひとつの物を作るのに時間がかかります。


結局
基礎課題3「トレイ」迄、終わるのに

4回/月のクラスの人は
約3か月〜4か月

2回/月のクラスの人は
約6か月〜7か月

かかるのです。


だから、
少しでも長く続けていただくことが
何よりだと思ってます。


ちなみに
先程お話ししました

トレイで

初めてのガラス購入は
2000円のガラスを2枚買ったとしましょう。

すると
基礎課題3「トレイ」を作り終わった後
手元には



こんな感じのランプとか



こんな感じのランプとか


作れるだけの量の
ガラスが残っているのです。

トレイでは買ったガラス全ては
使い切れませんから、ハイ。

あらかじめ
トレイとランプのトータルコーディネイトを
考えていても素敵ですよね♪




当工房では
基礎課題3「トレイ」が終われば
あとは
作る物は自由です♪

トレイが終われば
この位の難易度のランプは
作れるようになっております♪




こんな行灯も作れるようになっております。


簡単なランプや行灯の型紙は
当工房で販売しておりますので
ご安心下さいませ。

もちろん、
ご自身でデザインしていただいても
OKです♪
オリジナルデザイン大歓迎の教室です。


で、
これらのランプの制作に、

3時間の4回〜6回

4回/月のクラスの人は
約1か月〜1か月半。

2回/月のクラスの人は
約2か月〜3か月。

要します。


そうすると、
ステンドグラス教室に入ってから
基礎課題1〜3迄作り
ランプまで作り終わる頃までに
所要する時間は

4回/月のクラスの人は
約5か月。

2回/月のクラスの人は
約10か月。

となるのです。

そして、

材料費として買ったものは
トレイの時に
ガラス、2,000円×2枚の4,000円。

ランプの時に
ランプを作るための各材料
高い方のお値段で4,000〜5,000 円位。

全部合わせて、8,000〜9,000円。

となるのです。
これって月単位に考えると

4回/月のクラスの人は
約1600円/1か月

2回/月のクラスの人は
約800円/1か月


『材料代にかかった』 ってなるんですけど…


いかがでしょうかね?

「ステンドの材料が高いよね〜」って
思われがちですが
私は
こんな考え方をしております。

いかが感じますか?


まぁ…とはいえ

トレイを作り終わると
ランプ用に『別のガラス』が
欲しくなっちゃうんですけどね(笑)

だって、
素敵なガラスがたくさんあるんですもの~♪


あ、ちなみに

ステンドが商品になっている場合は
様々な技術料がのりますので



こちらのランプは
【雪月花~春〜】

素敵なガラスと私の愛をたっぷりと注いで
380,000円となっておりました。

このランプの制作過程の
記事はこちら



一緒に作ってみませんか?




 

がらすや | ステンドグラス・ガラスについて | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 11:00 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
URL:

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--


◆最近の記事

自己紹介
Hisae Tomimatu

↑ Facebookへ飛びます。


Twitterボタン





がらすやの仕事場






コメントありがとうございます。



QRコードご利用下さい。
qrcode



ブログ内検索


PR



◆カテゴリー


---------------------
最近夢中な本の一部です♪
↓---------------------

◆お気に入り♪
◆お気に入り♪
MTG(エムティージー) Style Butterfly(スタイルバタフライ) BS-BF2005F-R レッド
MTG(エムティージー) Style Butterfly(スタイルバタフライ) BS-BF2005F-R レッド (JUGEMレビュー »)

PC仕事の椅子で使用。座ってて気持ちいい!腰、楽! 膝、楽!集中力も保つ。ギックリ腰中でもつらくなく座っていられる。座って15分程で、首がパキッパキッっとなって身体が軽くなったのを引き金にあんなにしんどかったキックリ腰なのに立ちあがるのも楽!五十肩の肩の可動域も広がった気さえします。わずか15分でこんなに違うのかしら?ってほど。私にはとても相性が合ったようです(笑)
◆お気に入り♪
MTG(エムティージー) Style AIR BS-SA2221F-N インディゴブルー
MTG(エムティージー) Style AIR BS-SA2221F-N インディゴブルー (JUGEMレビュー »)

今回の腰痛の用途には違うかなぁと思ってやめたんだけど、座り心地と骨盤へのフィット感がたまらなく気持ちよくって次欲しい一品なのでした♪
◆お気に入り♪
天使のみつけかた
天使のみつけかた (JUGEMレビュー »)
おーなり 由子
あなたは、天使に会った事がありますか?天使好きの私がお勧めするこの一冊は、私に 『クリスマス天使』 に会わせてくれました。
◆お気に入り♪
DVD付き 月ヨガ 心とカラダを整える28日間浄化メソッド
DVD付き 月ヨガ 心とカラダを整える28日間浄化メソッド (JUGEMレビュー »)
島本 麻衣子
最近、夢中になっている月ヨガの本。
私の、月ヨガ日記はフェイスブックでリアルタイムに更新中。
◆お気に入り♪
 (JUGEMレビュー »)

2015年からこの手帳を使い始めて3年目。今年もこの手帳にしました♪

今年は六輝が加わってさらに便利です♪
◆お気に入り♪
ステンドグラスクッキー
ステンドグラスクッキー (JUGEMレビュー »)
Maa
このクッキーは子供の頃、母と作った記憶がありますが確かジュエルクッキーとか言った記憶があります。この本のモチーフは個人的に好みなので、久しぶりに挑戦してみたくなりました♪
◆お気に入り♪
オンダ 作る おもちゃ 手作り ステンドグラスペン
オンダ 作る おもちゃ 手作り ステンドグラスペン (JUGEMレビュー »)

これ、子供の頃に遊びました♪ジャムの空き瓶とかにデコレーションして、ペン立てにした記憶があります。色セロファンステンド同様、私のステンドの原点かもしれません♪
◆お気に入り♪
色セロハンでつくろう―たのしいステンドグラスのいろいろ
色セロハンでつくろう―たのしいステンドグラスのいろいろ (JUGEMレビュー »)
渡辺 叡

子供の頃、ステンドグラスといえば、黒い紙をきり抜いて裏からセロファンを貼ったものですが、皆さんご存知ですか? 結構楽しいんです♪ 実は私のステンドのルーツは幼稚園の時のクリスマス会用に皆で作った教会のステンドグラス窓模様のセロファンステンドだったのかもしれませんね。
◆お気に入り♪
◆お気に入り♪
大人のための美しいぬり絵 ステンドグラス編
大人のための美しいぬり絵 ステンドグラス編 (JUGEMレビュー »)


最近ブームの「大人の塗り絵」シリーズにステンドがあったてご存知でしたか? 
◆お気に入り♪
◆お気に入り♪
◆お気に入り♪
ステンドグラスの光と祈り―柴田勝己 発想と表現
ステンドグラスの光と祈り―柴田勝己 発想と表現 (JUGEMレビュー »)
柴田 勝己

とても素敵なステンド作品をまとめたこの作品集は、私のステンドのツボにグッサリと衝撃を与えた。
「かっこいいステンド」と言うジャンルの好きな方はお勧めの一冊!!
◆お気に入り♪
世界ステンドグラス文化図鑑
世界ステンドグラス文化図鑑 (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア・チエッフォ・ラガン,メアリ・クラーキン・ヒギンス
ステンドの起源から20世紀の教会のステンドまで、世界のステンドの歴史をたどりながらの解説もカラー写真も充実。じっくりとステンドグラスと向き合ってみたい方へお勧めの一冊。
◆お気に入り♪
◆お気に入り♪
◆お気に入り♪
たのしい七宝焼 「ゆきんこ」でガラス胎七宝 (たのしい七宝焼-How to cloisonn〓-)
たのしい七宝焼 「ゆきんこ」でガラス胎七宝 (たのしい七宝焼-How to cloisonn〓-) (JUGEMレビュー »)
長谷川 淑子

ゆきんこ(小型キルン)でアートボックスより一回り大きな作品が出来る。アートボックスや電気炉の手順書は比較的見ますが、ゆきんこを使っての手順書は希少。




  • ↑---------------------
    私の本棚ページへ飛びます。
    各本解説つけましたので
    是非覘いて見て下さい。
    ---------------------


    ◆過去の記事



  • ブログパーツ