歯車の組み換え・対話56最終話

************************
歯車の組み換え・序章(1〜13)
歯車の組み換え・発想の真(14〜26)
歯車の組み換え・気付かぬ警告(27〜38)
歯車の組み換え・対話(39〜56)完結

※新しい記事が次々加わるために共に古い記事は頁末となりますので
カーソルを一番下まで移動して頂くと前の記事がご覧になれます。
************************





そして

『自由なのだ』
と気付いてすぐ
今まで、
この「自由」の意味を
『分かってはいなかった』

認識する事になった。



「自由」を分かると
人に対しての対応が変わってくる。
「自由」を心得るから
相手を尊重できるようになる。


これは決して
「相手まかせ」とか「依存」とは別の物。

相手をより大切に思うことができる。


ところが

これが
「自由」を分かって無い時に
「自由」を知っている人を見てると
なんとなく冷たく見えるのだ。

なぜだろう。

不思議だ。



えっと、つまり私も
今までは
「冷たく見えていた人」

たくさんいた事になる。


でも、
この「自由」の意味を
『分かってはいなかった』

認識した途端

うわっ、違った!
なぜ今まで気付かなかったのだろう…


↑ 『歯車が組み換わってなかったからだよ〜ん♪』
うん。その事に気づいたよ。
↑ 『おぉ♪いい傾向だね♪』


「冷たく見えていた人」は間違いなく
「自由」を理解し
愛にあふれた人だ。




今まで何度か
生きながらの生まれ変わりを
経験してきたつもりでいたが
全ては
ここに通じていた。



もちろん
歯車が組み換わったばかりの私には
あふれるほどの愛は多分ない(笑)
↑ 『お?わかってるね〜♪』
いや、そんなにはっきり言わなくても…




そして、

全ては「これから」なんだと、
強く思わずにはいられなかった。

ようやっと
「スタートライン」に立ったのだ。

 『ソレ』 いわく
自分の存在を
認識してもらえるようになるまでに
『ちょっと長くかかり過ぎた(…呆)』
だ、そうだ。




そうそう、
こうして時々出てくる『ソレ』




これはこの後
どうなっていくのだろうか?



なんとなく

そのうち 
『私』に還ってくるような…

ん?私が『還る』のか?
なんか
よく解らないけれど
そんな気がしてならない。







『ならないよぉ〜(笑)』
ん?

『だって、あなた基本、素直じゃないもの~♪』
こんなに素直になったじゃ〜ん!!

『先は長いよ〜♪』
………



さぁ


そして私は

頼もしい『ソレ』というご指南役をパートナーに
予定よりちょっと遅れて進んでるらしい
私のまだ見ぬ人生を

これからも

先へ先へと進むのだった。







---あとがき------------------

えっと…長い間お付き合いいただきまして
本当にありがとうございました。

もう、途中で
終わらないかと思ってましたが
なんとか完結を迎えました。

いかがでしたでしょうか?

私のその後といえば
新しい思考が始まったりもせずに
穏やかな日々を過ごしておりました。

次の思考はおそらく
かなり先になりそうな気配です。

それがやって来るまでに
現実化へ運びたい事がたくさんあって
早く皆様にお知らせしたい事も
たくさん♪でてきております。

多分現在の私のすることは
思考ではなく
「現実化」への段階なのですね。


一日でも早くお届けできますように
張り切って作業を進めようと思っております。

きっと、
そう遠くない未来に
お知らせ出来ますので
楽しみにお待ちくださいませ。


長い連載を
温かく見守っていただきまして
本当にありがとうございました。




がらすや | 2010年春 歯車の組み換え・対話 | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

歯車の組み換え・対話55

************************
歯車の組み換え・序章(1〜13)
歯車の組み換え・発想の真(14〜26)
歯車の組み換え・気付かぬ警告(27〜38)
歯車の組み換え・対話(39〜)現在進行中

※新しい記事が次々加わるために共に古い記事は頁末となりますので
カーソルを一番下まで移動して頂くと前の記事がご覧になれます。
************************



私が今回お話したのは
あくまで私の中の出来事で

世の中の仕組みの中から言えば
世の中に生きているたくさんの人間の中の
ほんの一例でしかない。


私が当時

この手順を
漠然と分かっているようで
よく解らないから
なんとかして
明確な答えが知りたかった。


だから
今度は自分の事をほんの一例として

「現在知りたいと思っている人」に
届けばいいなって

書き始めたものの

終わってみれば
こんなに長くなってるのに
内容は単純すぎて恐縮してしまう。


でも、
それが全てである。

あんなに難しい事を思考しておいて
「え?コレ?」って
肩すかし的な感じだが

そうなのだ。



それでも、
「変化する前の私の脳でも分かる」ように
書いてみたので
きっと
分かりやすくはなっていると思う。


ただただ、単純な事。
難しくしているのは自分。



そして
「何」を難しくしてるかは
人それぞれなので
その人、
ひとりひとり
たどり着く手順が異なるのだろう。


そして『ソレ』の存在に気付いてからの方が
全てにおいて「楽」なのだ。

そして
いろんな
事と成りが分かってくると

いろんなしがらみから解き放たれて
突然「自由」になる。



『自由なのだ』






がらすや | 2010年春 歯車の組み換え・対話 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

歯車の組み換え・対話54

************************
歯車の組み換え・序章(1〜13)
歯車の組み換え・発想の真(14〜26)
歯車の組み換え・気付かぬ警告(27〜38)
歯車の組み換え・対話(39〜)現在進行中

※新しい記事が次々加わるために共に古い記事は頁末となりますので
カーソルを一番下まで移動して頂くと前の記事がご覧になれます。
************************


もしも

私のブログの中の
この【歯車の組み換え】を読んで下さって
意味のわからないところが
あったとしても
どうぞ、
気になさらないで頂きたい。


ただ、私個人に
起こった事の羅列である。




私の場合

本人が望む
望まないに関わらず
どうも…
「この人生には必要」だった
そうなので
↑ 『ソレ』が言ってたんですけど。


さんざん思考して
こういう解釈に至った



いうだけの事なので

私と違う人生の方には
また違う

「別の必要なコト」


待っているのかもしれない。



それらがわかる時も
人それぞれ。


それはきっと

あなた自身が
一番よく解っている事なのでしょう。



だから、

これらの仕組みを
「既に分かってる私ではない人たち」は
あえて
具体的な方法などは
話さないのだろうな

って…

そんなことまで
気付いてしまった。


だって、それは
その人自身の中にあるものだから。




ついこの間迄

私自身が他の人たちに
その手順を
聞いてみたりしていたのに



今となっては
そういうことが言えてしまうのだ。



「歯車の組み換え」とは
摩訶不思議だ。






がらすや | 2010年春 歯車の組み換え・対話 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

歯車の組み換え・対話53

************************
歯車の組み換え・序章(1〜13)
歯車の組み換え・発想の真(14〜26)
歯車の組み換え・気付かぬ警告(27〜38)
歯車の組み換え・対話(39〜)現在進行中

※新しい記事が次々加わるために共に古い記事は頁末となりますので
カーソルを一番下まで移動して頂くと前の記事がご覧になれます。
************************


 
つまり

思考してるとき
または
組み換わってるときは

その時点で必要な情報が入ってくる。

その時点で
「分からなくてもいい」事

もしくは
「分からない方がいい」事は

情報として拾わないんだなって
思ってしまった。

中には

分からないところに差し掛かると
何度読んでも
頭が痛くなって読めないとか
そういった事も起こってくる。


受け入れる側に
受け入れられるだけの準備が整ってなければ
入ってこない。

頑張って何度も読んでみても
準備の整っていない段階の私には
無理だという事が
頭が痛いという現象として
表に出た訳だ。

強引に進むにも
程がある訳だ。

それでも、
強行突破するために
手段として
ページをすっとばして見た

と言う事をした訳だけど(笑)


おまけに

『こっちが組み替わったら
あっちがわかったよ。』

『あっちがわかったら
そっちも分かったよ。』

って連鎖的に
分かっていくから

こっちが組み換わって無いときに
そっちを先に読んだところで
まるで
異国語でも読んでるような
ものなのだ。


がらすや | 2010年春 歯車の組み換え・対話 | 11:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

歯車の組み換え・対話52

************************
歯車の組み換え・序章(1〜13)
歯車の組み換え・発想の真(14〜26)
歯車の組み換え・気付かぬ警告(27〜38)
歯車の組み換え・対話(39〜)現在進行中

※新しい記事が次々加わるために共に古い記事は頁末となりますので
カーソルを一番下まで移動して頂くと前の記事がご覧になれます。
************************



思考していた当時

強制的に刺激を促すために
たくさんの
いろんな本を読んだけど
読んでる当時
理解できなかったところも
たくさんあって


それでも今回は
強引に
思考から抜けようとしていたから
分かんないところは
そのまますっ飛ばして
一通り
読んでいた本があった。



興味が在って
読み始めた本でも

途中で突然
文章の意味が分からなくなってしまう。

それどころか
活字としても読めないので
ページごと
すっ飛ばして読んでいた。


目に入ってこないから
頭にも入らない。

何度も挑戦しても同じ。


だから、
ページごとバラバラ進んで
その先の
活字がちゃんと
読めるようになるところ辺りから
また読み始めて
とにかく
最後まで読むって
分かる範囲でもいいから
思考に刺激をって

そういう方法で読んでました。


そして


歯車の組み換えも終わって
落ち着いた頃に


分からなかったところのある本を
改めて
読みなおしてみると
今度は頭っから最後まで
通して読めてしまう。


内容が
分かってしまうというか…

「分からなかったところ」が
どこだったかさえ
分からないうちに
全てを
読み終えてしまった。


またっく、不思議だ。








がらすや | 2010年春 歯車の組み換え・対話 | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

歯車の組み換え・対話51

************************
歯車の組み換え・序章(1〜13)
歯車の組み換え・発想の真(14〜26)
歯車の組み換え・気付かぬ警告(27〜38)
歯車の組み換え・対話(39〜)現在進行中

※新しい記事が次々加わるために共に古い記事は頁末となりますので
カーソルを一番下まで移動して頂くと前の記事がご覧になれます。
************************



そして

この時の柱は
「在った」ことに気付いたばかりで、
今は
その存在が意味を持ち
機能を始めたというところだろう。

あぁ、そうか、そうか…


どど〜んと、柱が一本♪
機能をはじめた。


すると、
「思えば現実化へ向かう」という考え方が
分かっても

犯罪になるような事を
考えようとは思わない訳ですよ。
それが
いけない事だとわかるから。


犯罪に例えるから極端ですが
ごく日常の中での判断も
今までとは判断の基準
というか
自分に出来る事を探す目が
出来てくる。


当たり前すぎで
真面目に話す私に
びっくりしちゃうかもしれないけど


そういうコト。


ギリギリのところで
自分で判断ができるその基準。

まるっきり
物の見方が変わってしまったのだ。



多分、

これが自分の中に出来たから
次を欲して思考が始まり
突然、
歯車が組み換わったんだと

今は思う。




まさしく『第二章』の始まりだ。










がらすや | 2010年春 歯車の組み換え・対話 | 11:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

歯車の組み換え・対話50

************************
歯車の組み換え・序章(1〜13)
歯車の組み換え・発想の真(14〜26)
歯車の組み換え・気付かぬ警告(27〜38)
歯車の組み換え・対話(39〜)現在進行中

※新しい記事が次々加わるために共に古い記事は頁末となりますので
カーソルを一番下まで移動して頂くと前の記事がご覧になれます。
************************
 


「善と悪」
または「道徳観念」とか
「モラル」とか


そういうのに
直結してくる。



そう思って
ちょっと納得した節があった。


それはこの

「思えば現実化へ向かう」という考え方を
今の時期に
納得して受け入ることができ
私の中の
私自身がその事に気付いたというコト。


現在の私には
【自分の中に『自分自身基準の判断基準』が出来た】
と言うことなのだ。


こういうのって
本来
もともとあったりする。


「善と悪」とか
「道徳概念」とか


見方をちょっと変えてみると

「悪い事をしちゃいけません」とかは

悪い事をしちゃいけないよって
『言われる』からしない

のか

何が悪い事なのか
『分かっている』からしない

のか


同じようでいて
意味は全然違う。



全ての基準は人の数だけある。
立場がかわれば基準も変わる。


別にいまさら自分自身の中に
自分基準の判断基準を立てなくても
いいんだけど

建っちゃった。

いや…待て?
建ってはいたんだよな、ちょっと前から。


あ、そんな記事が在りました。


がらすや | 2010年春 歯車の組み換え・対話 | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

歯車の組み換え・対話49

************************
歯車の組み換え・序章(1〜13)
歯車の組み換え・発想の真(14〜26)
歯車の組み換え・気付かぬ警告(27〜38)
歯車の組み換え・対話(39〜)現在進行中

※新しい記事が次々加わるために共に古い記事は頁末となりますので
カーソルを一番下まで移動して頂くと前の記事がご覧になれます。
************************


そんな理屈が分かってくると
恐ろしくなってしまう。



それは

つまり「善と悪」
または「道徳観念」とか
「モラル」とか


そういうのに
直結してくる。




今まで
かなり長い時間をかけて
説明させていただきましたので
私の言わんとしてる

「自分の想いが現実に向かって実現する」

って事が

まだよく
呑み込めてないかもしれないけれど

でも、なんとなく、

ちょっとだけ
分かっていただけたと思うのです。



で、

つまり
その理屈が事実なら

その人が「何を考えるか」って
とっても重要になってくるのでは無いのかしら?って


そんなことも、
気になりだしちゃう訳です。

つまり

「楽しい事」を考えれば
楽しい事が実現し
「嫌な事」を考えれば
嫌なことが現実化へ向かう。


それは極端な話

犯罪とか、
そういう恐ろしい事だって
現実化される
とんでもない可能性が出てきちゃうって

そんな極端な理屈な訳ですよ。



恐ろしい事を
自分でしゃべってますけど
実際は
私の中の「ソレ」が私に向けて話してますので
今までの自分の中には
無かった発想なので
自分で
気付いてびっくりな訳ですよ。



つまり、
その逆もあって

この世の誰もが
全ての人の幸せを考えたら…

途方もない話をしてますが
笑わないでくださいね。


それだって
実現化される可能性は
無くは無いって
そんな話になっちゃう訳ですよ。


あぁ〜…
愛は本当に地球を救っちゃうのかな

って、

本当にそんな感じなんです。

ええ。


そんなことは…???


って、色々なご意見が飛んできそうですが
飛ばさないでくださいね。

私個人の
一見解なだけですので。


そして、

この私の
ソレとの対話で気付いていってしまった
このとてつもなく単純なのに
途方もなく壮大な話は


単純で在るがゆえに
理解しがたい話ではあるのは分かるんです。

だって、
今までの私がそうだったから。



あくまでも
自分で納得しないと単純にならないところが
ミソだったりして。


その事を私自身が
ずっと悩んでた分
現在、その手順を探して苦しんでる方が
何かのきっかけで楽になれればと
キーワードになるような事を
具体的な話で順を追って記事にしてみた訳です。


もちろん、

「最後は自分で理解しなければならない」でも
書いておりましたが

私の方法がぴったりくるかどうかは
わかりませんが

でも、
こうやって、ここまで
たどり着いた私もいたというコトで



時代を超え、形を変えて受け継がれしもの。

この連載を書きながら
私の思考の中で
何かのスイッチが入ったように
歯車の組み換えが始まった

4/9から始まって
4/22迄の期間で書いた記事なので
わずか、10日ちょっとの間の
夢のようなお話。










がらすや | 2010年春 歯車の組み換え・対話 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

歯車の組み換え・対話48

  ************************
歯車の組み換え・序章(1〜13)
歯車の組み換え・発想の真(14〜26)
歯車の組み換え・気付かぬ警告(27〜38)
歯車の組み換え・対話(39〜)現在進行中

※新しい記事が次々加わるために共に古い記事は頁末となりますので
カーソルを一番下まで移動して頂くと前の記事がご覧になれます。
************************


つまり、この法則にのっとると
「頑張る」って言葉は
「頑張らなければならない環境を用意する」
ということを現実化するのだ。

ってソレが言って


陰の要因の強い私は
都度、わざわざまっすぐ行かない方向へ進み

話をこんがらかしてる訳だという。



つまり

『素直に進めば人生
自分も楽しい♪周りも楽しい♪
お仕事も来るから、生活も潤う♪
イェ〜イ♪』

ってな話になるらしいです。


おいおい…『イェ〜イ♪』って…



ところがね〜…

これが
バカに見えても何でも
現在なら
その意味が私にも分かってしまう
そんな私もおバカさん♪♪



いえいえ、
そこが、歯車が組み換わった私。

物事に対する見方が
全然
変わってしまったの。

当時は、ど〜しても
斜に構えてしまって
素直に聞けなかった。


「自分が楽しい事が
人も楽しいという事にはならないよ。」
とか
「楽しい事は遊びであって
仕事にはつながらないよ。」

「自分一人で楽しいなんて
申し訳ない」

とか、

とか…その他たくさん。




だから
「楽しい仕事ばかりしていても
生活は潤わないよ。」

苦行こそ美学

とか言ってるくらいですからね。



でも、最近は
事情が違うような気がする。


だって、この話が
私の中で上手く回り始めてる。


4月末からの組み換えだったので
時は流れて
現在5か月がたったのだけれど
確かに前とは何かが違う事を
実感している。



ちなみに
面白い事に

頭では
マイナスな方向へ思っているけれど
大丈夫結果的にポジティブに向かうって
言ってみたりして
そんな
「強制的に捻じ曲げてる」プラス思考は

途中でハプニングが起こるし


「え〜?じゃ、そうはならないと思うけど
なるって思っておこうかなぁ〜」

つまり
【疑い半分】ってやつ。

コレは、テキメンダメ。
話が立ち消えになり

「ほら〜、ならなかったじゃん!」
ともすれば、
「私の思った通りださ〜」
となる。



が……

これは「ならなかった」事を
引き起こしただけなので
自分の思ってる事は叶ってるのだよ
って話。



ややっこしい?


「頑張らなくっちゃ」って言ってると
頑張らなければならない環境が用意されるし

「お金が無い」って言ってると
お金の無い環境が用意されてくるし

「私って誰からも必要とされてない」って思うと
そういう切ない環境が用意されてしまうって


そういう
全ての話につながってしまう。


そのために
自分は何をしましたかって話になってくる

「頑張らなくちゃいけない」のが嫌なら
頑張らなくてもいいようにアクションを起こせばいい。

仕事が大変なら
前倒しに少しづづ残業するとか
後に回すように段どるとか
一人で大変なら
周りに応援を頼んでみるとか。

「お金が無い」なら
お金が在るようにするために動けばいい。

仕事を増やしてもいいし
節約に励んで貯蓄をしてもいい。

「必要とされてない」と思うなら
必要とされるように動けばいい。

私にはこんな事が出来ますよと
意思表示するのもいいし
必要として欲しい
相手の気持ちになってみるとか


自分に今すぐ出来る小さな事は事は
実は、たくさんあるものだ。

それらを何もせずにいたって
何も解決には向かわない。


そして、
「無い」と言うのではなく

『現在、それに向かって頑張ってますよぉ〜♪』とか

『現在、
それに向かって努力を積み重ねております』とか

そう言ってしまえばいい♪

ん?

では、ここで出てくる
『頑張る』
『努力』はどうなのか?

はい。
大丈夫です。

これは、既に自分にとっての
目指す先が定まっていて
努力の工程を把握した上での
言葉ですので
大丈夫なのですよ。

頑張る事も
頑張らなければならない現実も
もちろん在るのです。

ややっこしいですね〜。


つまり、話を戻して

斜に構えてしまっていた私が
事あるごとに目標も定めず
ただ、頑張る頑張ると言っていれば

斜に構えなければならない現実が
頑張らなければならない環境が
用意されてきても
当然のことだったのだ。

と言う事なのです。


耳が痛いですが
それが現実。



この理屈が分かってくると
恐ろしくなってしまう。





なにが?って


つまり「善と悪」
または「道徳観念」とか
「モラル」とか


そういうのに
直結してくるのです。














がらすや | 2010年春 歯車の組み換え・対話 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

歯車の組み換え・対話47

 ************************
歯車の組み換え・序章(1〜13)
歯車の組み換え・発想の真(14〜26)
歯車の組み換え・気付かぬ警告(27〜38)
歯車の組み換え・対話(39〜)現在進行中

※新しい記事が次々加わるために共に古い記事は頁末となりますので
カーソルを一番下まで移動して頂くと前の記事がご覧になれます。
************************




『頑張るの、やめたら?』




頭が痛くなってきた…

だって、
頑張らずしてどうして幸せになるの?
決して安定した職業とは言えない
この環境で
生活していけるの?

『だって、だって、と言いなさんな』



えっと、
えっと、
えっと…

言葉が見つかりません(泣)


そして
この話は

プラス思考の話 に戻り
自分の想いは叶うという話 に戻り

それらを踏まえ
簡潔にまとめると

「自分の願いを願う」
「その願いに向けて行動あるのみ」
「ハプニングがあると考えると
ハプニングを誘発するので
ハプニングは起こらない前提で
事を進める」
「いたって素直にスムーズな事の運びをイメージする」
「現実化となる」

つまり
いいイメージで考えられるような脳ミソにすると
いい事が続けて起こってくるという事。

で、

陰の要素を強く持つ私は
都度ハプニングを想定するから
割増しで頑張らなければならない。

そういったお話はこちら


そう、つまり
この法則にのっとると
「頑張る」って言葉は
「頑張らなければならない環境を用意する」
ということを現実化するのだ。



ってソレが言ったんですけど(^^ゞ














がらすや | 2010年春 歯車の組み換え・対話 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/2PAGES | >> |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--


◆最近の記事

自己紹介
Hisae Tomimatu

↑ Facebookへ飛びます。



Twitterボタン






がらすやの仕事場









コメントありがとうございます。



QRコードご利用下さい。
qrcode



ブログ内検索


PR



◆カテゴリー


---------------------
最近夢中な本の一部です♪
↓---------------------

◆お気に入り♪
ステンドグラスクッキー
ステンドグラスクッキー (JUGEMレビュー »)
Maa
このクッキーは子供の頃、母と作った記憶がありますが確かジュエルクッキーとか言った記憶があります。この本のモチーフは個人的に好みなので、久しぶりに挑戦してみたくなりました♪
◆お気に入り♪
オンダ 作る おもちゃ 手作り ステンドグラスペン
オンダ 作る おもちゃ 手作り ステンドグラスペン (JUGEMレビュー »)

これ、子供の頃に遊びました♪ジャムの空き瓶とかにデコレーションして、ペン立てにした記憶があります。色セロファンステンド同様、私のステンドの原点かもしれません♪
◆お気に入り♪
◆お気に入り♪
色セロハンでつくろう―たのしいステンドグラスのいろいろ
色セロハンでつくろう―たのしいステンドグラスのいろいろ (JUGEMレビュー »)
渡辺 叡

子供の頃、ステンドグラスといえば、黒い紙をきり抜いて裏からセロファンを貼ったものですが、皆さんご存知ですか? 結構楽しいんです♪ 実は私のステンドのルーツは幼稚園の時のクリスマス会用に皆で作った教会のステンドグラス窓模様のセロファンステンドだったのかもしれませんね。
◆お気に入り♪
◆お気に入り♪
大人のための美しいぬり絵 ステンドグラス編
大人のための美しいぬり絵 ステンドグラス編 (JUGEMレビュー »)


最近ブームの「大人の塗り絵」シリーズにステンドがあったてご存知でしたか? 
◆お気に入り♪
◆お気に入り♪
◆お気に入り♪
Patterns for Terrariums and Planters
Patterns for Terrariums and Planters (JUGEMレビュー »)
Randy A. Wardell
おすすめのステンドグラステラリウムの型紙本
◆お気に入り♪
世界ステンドグラス文化図鑑
世界ステンドグラス文化図鑑 (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア・チエッフォ・ラガン,メアリ・クラーキン・ヒギンス
ステンドの起源から20世紀の教会のステンドまで、世界のステンドの歴史をたどりながらの解説もカラー写真も充実。じっくりとステンドグラスと向き合ってみたい方へお勧めの一冊。
◆お気に入り♪
◆お気に入り♪
電子レンジでガラス胎七宝―たのしい七宝焼〈4〉 (たのしい七宝焼-How to cloisonn〓- (4))
電子レンジでガラス胎七宝―たのしい七宝焼〈4〉 (たのしい七宝焼-How to cloisonn〓- (4)) (JUGEMレビュー »)
長谷川 淑子

レンジで作るガラスを焼いてアクセサリーを作ったりするための手順書。アートボックス(マイクロウェーブキルン)を使っての解説。胎七宝なので、ガラス釉薬を使ってますが、フュージング用のガラスや、ステンドのガラスに応用しも大丈夫な手順書。
◆お気に入り♪
アートクレイシルバー650で作る銀とガラスのアクセサリー
アートクレイシルバー650で作る銀とガラスのアクセサリー (JUGEMレビュー »)
川島 真喜子

ガラスとアートクレイシルバーを使って作るアクセサリー。書籍中で使っているのは温度計のついた小型電気炉。ガラスはダイクロガラス、ステンド用ガラスに始まり多種にて展開。デカルケやネオン管も使って面白い表情も紹介している。
◆お気に入り♪
たのしい七宝焼 「ゆきんこ」でガラス胎七宝 (たのしい七宝焼-How to cloisonn〓-)
たのしい七宝焼 「ゆきんこ」でガラス胎七宝 (たのしい七宝焼-How to cloisonn〓-) (JUGEMレビュー »)
長谷川 淑子

ゆきんこ(小型キルン)でアートボックスより一回り大きな作品が出来る。アートボックスや電気炉の手順書は比較的見ますが、ゆきんこを使っての手順書は希少。
◆お気に入り♪
◆お気に入り♪
◆お気に入り♪
◆お気に入り♪
酉歳生まれは、富んでいく人―ニワトリは栄養満点、鳳凰は一万円札!
酉歳生まれは、富んでいく人―ニワトリは栄養満点、鳳凰は一万円札! (JUGEMレビュー »)
宮西 ナオ子
『「鶏」なのか「鳳凰」なのかはあなた次第』的なことが書いてあって衝撃を受けた記憶があります。
ものすごく嬉しくて(私も酉年なもんで)それ以来、私の中で「酉年」は『鳳凰』がにわとりに取って代わりました(笑)
◆お気に入り♪
プラチナダイアリー・プレステージ2017年1月始まりBー330
プラチナダイアリー・プレステージ2017年1月始まりBー330 (JUGEMレビュー »)

以前使ったこの手帳、今年は仕事の展開からこちらも再び気になりました。機能的でとても好きなタイプです。
書き込む事の多い方にはおすすめです。
◆お気に入り♪
ムーン・ダイアリー'17
ムーン・ダイアリー'17 (JUGEMレビュー »)
松村 潔
2015年からこの手帳を使い始めて3年目。今年もこの手帳にしました♪
今年は六輝が加わってさらに便利です♪
◆お気に入り♪
DVD付き 月ヨガ 心とカラダを整える28日間浄化メソッド
DVD付き 月ヨガ 心とカラダを整える28日間浄化メソッド (JUGEMレビュー »)
島本 麻衣子
最近、夢中になっている月ヨガの本。
私の、月ヨガ日記はフェイスブックでリアルタイムに更新中。
◆お気に入り♪
ダ・ヴィンチ・タロット
ダ・ヴィンチ・タロット (JUGEMレビュー »)
ケイトリン・マシューズ
ダビンチのデッサン画が使われており、その豊富なデッサンを見ているだけ刺激になり、まるで作品集の様です。
◆お気に入り♪
BOSCH(ボッシュ) SDSジグソー PST800PEL
BOSCH(ボッシュ) SDSジグソー PST800PEL (JUGEMレビュー »)

私が作品制作の一環やDIYでよく使っているジグソーは10年以上前の愛用品。PST650N。現在は製造終了品。この辺のシリーズが後続機っぽいですね。私は金属用の替刃や木工用の粗め、細目の替刃と付け替えて使っております。インパクトドライバーにチャックを付けドリルにして「インパクト×ジグソー」の合わせ技で切り抜いたりと重宝しております♪ご参考くださいませ。
◆お気に入り♪
リョービ(RYOBI) 充電式 インパクトドライバー 12V BID-1260 658425A
リョービ(RYOBI) 充電式 インパクトドライバー 12V BID-1260 658425A (JUGEMレビュー »)

私がDIYでよく使っているインパクトドライバーは10年以上前の愛用品BID-1230。現在は製造終了品。コンパクトで私でも使いやすかったのに残念(笑) この辺のシリーズが後続機っぽいですね。私の使っているものよりフォルムは一回り大きいですが低速トルクが100Nから75Nになってるので扱いやすそう。高速トルクも120Nから130Nに上がっているので幅も広くていいですね♪と言いたいところですが、実際は私の握力では常時低速トルクです。それだって、両手で押さえないと振られて持っていかれるほどの馬力充分です♪




  • ↑---------------------
    私の本棚ページへ飛びます。
    各本解説つけましたので
    是非覘いて見て下さい。
    ---------------------


    ◆過去の記事



  • ブログパーツ