東京旅行記☆庭園美術館

図録

「アール・デコ・ジュエリー」展

見に行きました。

これは図録です。
こんばんは、がらすやです。



会場の
東京都庭園美術館は
庭園や建物もとても素敵。

季節がよかったら
きっとバラ園として
とても素敵な香りを放つでしょう。

たくさんのオブジェがある
中庭では、
近所の奥さまたちが
シートを広げ
芝生の上でピクニック。

小さい子供たちはその回りを楽しそうに
駈け回っていて
なんとも素敵な昼下がり。

そして私はそのまま美術館へ。

東京庭園美術館
入口を入ってすぐ正面に
ルネ・ラリックの
「ガラスレリーフの扉」がありました。

それも
素晴らしいのだけれど
その建物全てが
美術品のように素晴らしかったです。

各所の扉のノブの造り
各部屋の照明のデザイン性
壁の装飾

展示されていた
作品ももちろんなのですが
そんな所にも
感動してました。

ジュエリーその物の
展示もそうですが
その展示されてる
デザイン画の素晴らしさ。

ただただ感動して
素晴らしさに
頭を抱えてしまいました。

何はともあれ

がらすやおすすめでございます。
お時間がございましたら
是非ご覧下さい。


東京都庭園美術館にて
2007.1.14迄
展示されているそうです。

がらすや | 2006年秋 【東京芸術旅行記】 | 18:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

東京旅行記☆講習会

完成
そんな想いをかかえ
張り切って行った講習会で
完成したのは写真のオブジェ。

素敵でしょ?



ステンドらしくないステンドを
目指す私にとって
これはとても楽しい技法。


講師である柴田さんのお話は

「何となくで♪」
「適当に♪」
「コンな感じで♪」

なんとも私の好きな言葉のオンパレード。

普段私も、人に教える時
「適当よ♪」って連発する度

『その適当が難しいのよぉ!』って

生徒さんから返され
笑ってごまかすけど

今回は
その『その適当が難しいのよぉ!』って
私が言いたかった(笑)

頭で解ってても
上手く行かない事がもどかしくって…

体験って
結局、限られた材料や
時間の中で行なうものだから

ものすごく練習して作りこむ
って訳では無いので

って…
そんな裏事情までも解るんだけど(笑)


この技術
一発勝負と思い切りが必要。

1度、線がくずれたら
そこで修正不能…


学んだ事は
このラインの表現の仕方

意識する事は
ただただ

【美しいライン】を表現する事。


講習

そして

この写真の様に
たくさん準備されていた
ガラスのピースと
組み合わせて行くその作業の
一つ一つが
とても楽しい♪


「適当」


何て大好きな言葉♪

適当にガラスを使って
組み合わせ
こんな感じに完成!

完成



私が参加したクラスは
受講者13名

多分、私が見た感じでは
2/3位は
全国各地の
ステンドの先生であろう方々。


素敵な空間の中に私も
ご一緒できた事に感謝して。


ステンドは
まだまだ奥が深く面白い。

ガラスのジャンルは
まだまだ
楽しい事が待ってそうな予感♪

学ぶ事がこんなに楽しいと思うとは

自分の中の可能性に
驚いた1日でありました。

がらすや | 2006年秋 【東京芸術旅行記】 | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

東京旅行記☆参加の経緯

会場

私が今回東京に
講習を受けに行こうと思ったのは
9月に名古屋行った時に
実はすでに
始まったのでした。


名古屋に行ったのは
ステンド作家の柴田勝己さん
どうしてもお会いしたかったから。

会場にいらっしゃらなければ
お会いできないかもしれないと
思いながら

それでも
ご縁があればお会いできるはず

そして
名古屋に行ったのです。



そして会場で
「講習会を企画してますから」と言うお話に
しっかりと住所を置いて
名刺もお渡しして
サインまでいただいて帰ってきました(笑)


私としては
来年ぐらいの話なのかしら?

って思ってたのに…


早速、10月末に開催のご案内をいただき
これまた

予定と体が辛くて一瞬、悩んだけど
即決めのお返事をして
それから
予定の調整に掛かったのです。


最近の私はどうしてしまったのでしょう?

と思うほど勉強熱心で
体に鞭打って
ガシガシ動いてる気がします(笑)

2006年は「勉強の1年」

そう決めて掛かった1年だったけど
本当にこの最後の3ヶ月位の話だったのかしら?
って言うほど濃縮された勉強。

意味のある2度の出張。
そりゃぁ
3日後の筋肉痛は耐えましょうぞ。



会場

本来長崎で活動されていらっしゃる
柴田さんが今回
講習会を行なうにあたって
会場として工房を提供して下さったのは

第3回ステンド美術展において
最優秀賞を受賞された

五味 理さん


そりゃ
お会いしたいじゃないですか!

名古屋でステンド美術展を見たときに
私が衝撃を受けた
まさにその作品を作った方に
お会いできるかもしれないと

柴田さんは
独自技法の講習会を
初めて行なわれると

そんなお二人とも
本来私など
お会いできる機会など無くて当然の
お立場の方のはず。

講習に参加しに行ったのか
お二人に会いに行ったのか

よく解らなくなってしまいますが
ただただ
同じ工房の中に
立って見たかったのです。

素晴らしい作品を
作る方たちが
ひとつの工房に立つ
その事の素晴らしさに

全てで何かを発する空気を
感じる事が出来たなら

自分の細胞の何かが
また
変化するかもしれない

その期待感に
じっとしては
いられなくなったのでした。
がらすや | 2006年秋 【東京芸術旅行記】 | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

東京旅行記

東京都庭園美術館
今回東京に出かけた理由は
講習会を受けるため。
その全てが
とても楽しかったがらすやです。

その講習会の事は
じっくりと
今度はなす事にして



歩きまわって
筋肉痛になった東京スケジュールを。


朝5時半に東京新宿に着いて
その足で青山まで地下鉄で移動
そして
青山の空気を吸いながら
外苑までお散歩

そして
外苑近辺の公園を
何ヶ所かぐるぐるお散歩


なんだか気持ちよくって
気付けば
講習の時間が迫っていて
時間30分前に会場に到着

その講習会を4時間受け

その終了の足で目黒に移動

友達と落ちお会い
東京都庭園美術館へ
「アール・デコ・ジュエリー」展を見に行きました。

そして
私のたっての希望で
「プラチナ通り」のお散歩に付き合ってもらって
ものすごく素敵な空気を吸って満足した足で
四谷へ移動


私がスペイン好きと言う事で
友達が予約してくれたお店で
美味しいポルトガル料理をいただき
ものすごく幸せな一時でした♪

美味しいワインをと
オーダーしてもらい
私はすっかりゲストの待遇に
とても嬉しく
テイスティング後のワインをいただいたのでした。

彼女のお勧めのワインは
とても美味しく
銘柄は秘密にしておきたいと
思っちゃいました。

と言う訳で
ボトルの写真は無しなのでした。


しかし

歩きまわった私の体にはがっちりこたえ
お店を出る頃には
動けなくなってしまったというおまけつき。

非常に大人じゃない
自分の振る舞いに
少々がっかりしつつ

ま、お酒に弱い二人が
お話楽しく素敵な時間と共に
気付けばボトルを
きっちり開けたのだから
まぁ、ね…ってことで(^^ゞ


そして、
自販機をさがして
体に水分補給しながら
今度は御成門に移動して

東京タワー
念願の東京タワー見物。

東京タワーって
すごいのですね〜。
ビックリ!

展望台って
2つあるんですけど
ご存知でした?

私知らなくて(^^ゞ

行ってきましたよ。
特別展望台!


全然違うのですね
景色。

なんだか
東京という都市の
あまりの大きさに
少々驚きました。



東京は
あまりにもものすごいエネルギーの
集まる所なんだと

ものすごく納得し
そのパワーを
東京タワーの特別展望台の上で

ラブラブカップルが
たくさん愛をささやいてる横で
握りこぶしを掲げ
パワーを充電してきました。


そして
私は、その足で新宿の
バスターミナルに移動して
彼女に見送られ23:58
東京を後にしました。


実は

2日目の今日の方が
体が痛いなんて…

名古屋の時も感じたけど
結構体には辛いのねって

やっぱり実感。

しかし
1日自分の時間が確保できる夜行バスは
やっぱり私にとっては
とても魅力的♪



とても有意義な
1日でした。

がらすや | 2006年秋 【東京芸術旅行記】 | 20:52 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

体力無さすぎ(T_T)

筋肉痛の がらすやです。 

こんばんは。


何が筋肉痛って
昨日、東京で調子に乗って
歩きすぎました。
本当に普段車でしか動かないのが
こんなところでキマすね(^^ゞ


今朝5時半に仙台に帰ってきて
本日1日棒に振りました。

あ〜もう、本当に体力無い(T_T)



そうそう、今回は忘れずに
頑張って写真も撮ってきました。


ちょっと前に
お客さまから新しいデジカメ買うからと
それまでご愛用だった
デジカメをいただいてたんですけどね

初めて使わせていただきましたよ♪
大活躍♪ 
デジカメってすごい!

っていまさら?

って突っ込まないで下さいね。


でもね、
きっと、パソコンにデータ落すのに
一苦労しそうな予感…(^^ゞ


で、

明日は慣れた携帯でも写真を撮ったので
そちらから
ブログに掲載しようかと思ってます。


本日は
無事、仙台に帰ってきたという
ご報告まで。
がらすや | 2006年秋 【東京芸術旅行記】 | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/1PAGES | |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--


◆最近の記事

自己紹介
Hisae Tomimatu

↑ Facebookへ飛びます。



Twitterボタン






がらすやの仕事場









コメントありがとうございます。



QRコードご利用下さい。
qrcode



ブログ内検索


PR



◆カテゴリー


---------------------
最近夢中な本の一部です♪
↓---------------------

◆お気に入り♪
ステンドグラスクッキー
ステンドグラスクッキー (JUGEMレビュー »)
Maa
このクッキーは子供の頃、母と作った記憶がありますが確かジュエルクッキーとか言った記憶があります。この本のモチーフは個人的に好みなので、久しぶりに挑戦してみたくなりました♪
◆お気に入り♪
オンダ 作る おもちゃ 手作り ステンドグラスペン
オンダ 作る おもちゃ 手作り ステンドグラスペン (JUGEMレビュー »)

これ、子供の頃に遊びました♪ジャムの空き瓶とかにデコレーションして、ペン立てにした記憶があります。色セロファンステンド同様、私のステンドの原点かもしれません♪
◆お気に入り♪
◆お気に入り♪
色セロハンでつくろう―たのしいステンドグラスのいろいろ
色セロハンでつくろう―たのしいステンドグラスのいろいろ (JUGEMレビュー »)
渡辺 叡

子供の頃、ステンドグラスといえば、黒い紙をきり抜いて裏からセロファンを貼ったものですが、皆さんご存知ですか? 結構楽しいんです♪ 実は私のステンドのルーツは幼稚園の時のクリスマス会用に皆で作った教会のステンドグラス窓模様のセロファンステンドだったのかもしれませんね。
◆お気に入り♪
◆お気に入り♪
大人のための美しいぬり絵 ステンドグラス編
大人のための美しいぬり絵 ステンドグラス編 (JUGEMレビュー »)


最近ブームの「大人の塗り絵」シリーズにステンドがあったてご存知でしたか? 
◆お気に入り♪
◆お気に入り♪
◆お気に入り♪
Patterns for Terrariums and Planters
Patterns for Terrariums and Planters (JUGEMレビュー »)
Randy A. Wardell
おすすめのステンドグラステラリウムの型紙本
◆お気に入り♪
世界ステンドグラス文化図鑑
世界ステンドグラス文化図鑑 (JUGEMレビュー »)
ヴァージニア・チエッフォ・ラガン,メアリ・クラーキン・ヒギンス
ステンドの起源から20世紀の教会のステンドまで、世界のステンドの歴史をたどりながらの解説もカラー写真も充実。じっくりとステンドグラスと向き合ってみたい方へお勧めの一冊。
◆お気に入り♪
◆お気に入り♪
電子レンジでガラス胎七宝―たのしい七宝焼〈4〉 (たのしい七宝焼-How to cloisonn〓- (4))
電子レンジでガラス胎七宝―たのしい七宝焼〈4〉 (たのしい七宝焼-How to cloisonn〓- (4)) (JUGEMレビュー »)
長谷川 淑子

レンジで作るガラスを焼いてアクセサリーを作ったりするための手順書。アートボックス(マイクロウェーブキルン)を使っての解説。胎七宝なので、ガラス釉薬を使ってますが、フュージング用のガラスや、ステンドのガラスに応用しも大丈夫な手順書。
◆お気に入り♪
アートクレイシルバー650で作る銀とガラスのアクセサリー
アートクレイシルバー650で作る銀とガラスのアクセサリー (JUGEMレビュー »)
川島 真喜子

ガラスとアートクレイシルバーを使って作るアクセサリー。書籍中で使っているのは温度計のついた小型電気炉。ガラスはダイクロガラス、ステンド用ガラスに始まり多種にて展開。デカルケやネオン管も使って面白い表情も紹介している。
◆お気に入り♪
たのしい七宝焼 「ゆきんこ」でガラス胎七宝 (たのしい七宝焼-How to cloisonn〓-)
たのしい七宝焼 「ゆきんこ」でガラス胎七宝 (たのしい七宝焼-How to cloisonn〓-) (JUGEMレビュー »)
長谷川 淑子

ゆきんこ(小型キルン)でアートボックスより一回り大きな作品が出来る。アートボックスや電気炉の手順書は比較的見ますが、ゆきんこを使っての手順書は希少。
◆お気に入り♪
◆お気に入り♪
◆お気に入り♪
◆お気に入り♪
酉歳生まれは、富んでいく人―ニワトリは栄養満点、鳳凰は一万円札!
酉歳生まれは、富んでいく人―ニワトリは栄養満点、鳳凰は一万円札! (JUGEMレビュー »)
宮西 ナオ子
『「鶏」なのか「鳳凰」なのかはあなた次第』的なことが書いてあって衝撃を受けた記憶があります。
ものすごく嬉しくて(私も酉年なもんで)それ以来、私の中で「酉年」は『鳳凰』がにわとりに取って代わりました(笑)
◆お気に入り♪
プラチナダイアリー・プレステージ2017年1月始まりBー330
プラチナダイアリー・プレステージ2017年1月始まりBー330 (JUGEMレビュー »)

以前使ったこの手帳、今年は仕事の展開からこちらも再び気になりました。機能的でとても好きなタイプです。
書き込む事の多い方にはおすすめです。
◆お気に入り♪
ムーン・ダイアリー'17
ムーン・ダイアリー'17 (JUGEMレビュー »)
松村 潔
2015年からこの手帳を使い始めて3年目。今年もこの手帳にしました♪
今年は六輝が加わってさらに便利です♪
◆お気に入り♪
DVD付き 月ヨガ 心とカラダを整える28日間浄化メソッド
DVD付き 月ヨガ 心とカラダを整える28日間浄化メソッド (JUGEMレビュー »)
島本 麻衣子
最近、夢中になっている月ヨガの本。
私の、月ヨガ日記はフェイスブックでリアルタイムに更新中。
◆お気に入り♪
ダ・ヴィンチ・タロット
ダ・ヴィンチ・タロット (JUGEMレビュー »)
ケイトリン・マシューズ
ダビンチのデッサン画が使われており、その豊富なデッサンを見ているだけ刺激になり、まるで作品集の様です。
◆お気に入り♪
BOSCH(ボッシュ) SDSジグソー PST800PEL
BOSCH(ボッシュ) SDSジグソー PST800PEL (JUGEMレビュー »)

私が作品制作の一環やDIYでよく使っているジグソーは10年以上前の愛用品。PST650N。現在は製造終了品。この辺のシリーズが後続機っぽいですね。私は金属用の替刃や木工用の粗め、細目の替刃と付け替えて使っております。インパクトドライバーにチャックを付けドリルにして「インパクト×ジグソー」の合わせ技で切り抜いたりと重宝しております♪ご参考くださいませ。
◆お気に入り♪
リョービ(RYOBI) 充電式 インパクトドライバー 12V BID-1260 658425A
リョービ(RYOBI) 充電式 インパクトドライバー 12V BID-1260 658425A (JUGEMレビュー »)

私がDIYでよく使っているインパクトドライバーは10年以上前の愛用品BID-1230。現在は製造終了品。コンパクトで私でも使いやすかったのに残念(笑) この辺のシリーズが後続機っぽいですね。私の使っているものよりフォルムは一回り大きいですが低速トルクが100Nから75Nになってるので扱いやすそう。高速トルクも120Nから130Nに上がっているので幅も広くていいですね♪と言いたいところですが、実際は私の握力では常時低速トルクです。それだって、両手で押さえないと振られて持っていかれるほどの馬力充分です♪




  • ↑---------------------
    私の本棚ページへ飛びます。
    各本解説つけましたので
    是非覘いて見て下さい。
    ---------------------


    ◆過去の記事



  • ブログパーツ